健全な夫婦関係を築いて旦那に浮気させない心理学について。


私は過去旦那に浮気された経験があります。それはとても辛いものでもう一生体験したくないことです。それはどの奥さんも一緒だと思います。 やはり浮気されないためにも家庭がより心地よくないといけないなと思いいろいろやった結果旦那の浮気が止まったと思います。そんな私がやってきた旦那を浮気させないための対処法、心理学などをご紹介したいと思います。

奥さんが自分の人生を楽しむ

浮気する旦那が悪いです。それは絶対です。しかし家庭が暗かったり、奥さんが旦那に対して依存的だったりするとそこから逃げたいという欲求が発生してしまい 他の女性を助けるようにして浮気をしてしまうケースはあると思います。旦那に浮気されないためには旦那のスケジュールを管理したり、そういったことで物理的に抑えるのは逆効果になります。旦那は子供ではないので、スケジュール管理していても隙間時間をみつけてうまく浮気します。

まずは奥さんが楽しそうに生きているということが大切だと思います。 一見何も関係ないように思えますが、パートナーが幸せにしているということは確実に浮気防止になります。早く家に帰りたい、と旦那に思ってもらうことは旦那に隙を与えないということでもあるんです。旦那との関係ばかりではなく、 旦那以外のところでの交友関係を大切にしたり、趣味を持ってそれを楽しんだり奥さん自身がキラキラと輝いていると旦那の満足感は確実に上がります。

日頃か旦那としっかり褒める

そしてこれもあまり関係ないと思うかもしれませんが旦那をしっかりと褒めるということも浮気防止につながります。
奥さんで満たされないところを他の女性で満たそう、男性として褒めてくれる女性を探すということをしなくなるからです。
やはりこれも奥さんが人生を楽しむという事と同じで、「奥さんと一緒にいる時間が一番心地よい」と思ってもらえるようにすることで他の女性に目が向きにくくなるからです。 男性はやはり女性に認めてもらったり褒めてもらうことがとても好きです。そういった男性の心理をしっかりと理解して常日頃から褒めるということはとても大切になってきます。こちらから普段からしっかり込めていれば旦那の方からも褒めてもらったりと相乗効果が期待できます。より夫婦関係が良くなっていきますね。
浮気女性が入ってこれないような心地よい関係を夫婦間でしっかりと作っておきましょう。

ありがとうや寂しいなど言葉にする

より夫婦関係を良くして浮気防止に繋げる方法として日頃から「ありがとう」や旦那の帰宅が遅いときなど、責めるのではなく「今日はさみしかったなぁ、。」などと甘えることも大切です。 男性は女性よりも人の気持ちを察する能力が低いです。なのでしっかりと今の自分の気持ちをちゃんと相手に伝えるということが大切です。
ネガティブすぎる言葉をぶつけるのは危険ですが、感謝の気持ちや寂しいと言った女性らしい言葉はとても良いです。
普段からしっかりと言葉を交わし会話をして夫婦関係を密なものにしていきましょう。

男性の浮気防止策と言うと「お小遣いを減らす」とか、「スケジュールを管理する」とか、「 LINE を頻繁に送る」なども対策の一つではありますが、それは相手をコントロールしたいという欲求なのでそのうち相手が疲弊して浮気に走りかねません。そういったことは逆効果といえます。反対の立場だと考えればわかりやすいです。
それよりも大切なことは、浮気相手が気に入らないような健全な夫婦関係を築くことなんです。そういった意味でも今回の、自分自身が人生を楽しみ、 相手を認めて褒め、思ったことはしっかりと言葉にし普段から意思疎通をしっかりとはかっておくということは結果的に健全な浮気防止になります。これは奥さんの負担もとても低い方法です。
浮気なんてしている暇がないぐらい家庭が好き!な旦那になってらえるような心理学でした。

旦那の浮気を不安に思った際の賢い妻の行動と浮気されたときの接し方

旦那がひょっとしたら浮気をしていると気がかりとなったら、どんな方だとしても動揺し不安になるのが当然です。

しかしそんなときには、賢い妻はすぐに動ないのがポイントなので、どんなことをするのか紹介していきます。

また現に浮気されてたケースもあります。

そんなときには、どう旦那と接すればいいのか迷うことも多いですが、どのようにして接していくのかも併せて紹介します。

さらに浮気を許したら、浮気を繰り返させないことが大切です。

そのときには、どんな対応をしていくのか紹介していきます。

旦那が浮気が不安になったときの賢い妻の行動とは

ひょっとしたら浮気をしていると気がかりとなり、不安になった場合には賢い妻がすることに特徴があります。

どんな行動をしているのかというと、旦那をよく見て、冷静さを持ちながら、実際の事実を探していくのが手段です。

浮気をしているのではなく、可能性として仕事が忙しいケースもあります。

そのため浮気の事実を探り確認することが大切で、帰りが遅いのなら、その日や時間帯の規則性などを注意深く見ることです。

また同時に服装はどこか変わってきたかや、レシートのチェックなども行うのが重要です。

そして、浮気がまだ疑惑である段階では問い詰めないのが方法です。

なぜなら証拠もないのに問い詰めると、もし旦那が浮気していた場合は一層隠そうしてしまいます。

そのため証拠を探す場合に時間がかかったり、最悪の場合は浮気調査を依頼しても失敗してしまうこともあります。

そのため、浮気の証拠をつかむまでは問い詰めることはせず、疑っていることを悟られないことが重要です。

さらに、旦那を信用してみるという方法があります。

浮気はしていないと信じることも行動の1つで、証拠もないのに詮索すると余計な争いになってしまう場合もあります。

そのため信じながらも不審に思うことがあったら、何気ない会話の中から探ってみるのも手段です。

帰りが遅くなっているケースなら、仕事で問題がないかどうかなど、遅いことを気にかけてみる聞き方をするのも手段です。

旦那の浮気が分かったら賢い妻はどう接していくのか

浮気が分かったら、どう旦那と接していけば良いのか、どうしようか躊躇う方がほとんどです。

そんな途方に暮れ迷ったときにはまず旦那と話し合いをするのが、賢い妻の手段です。

このときにはヒステリックに理性なく問い詰めないのが大切です。

ヒステリックになってしまうと、浮気をした後ろめたい申し訳ない気持ちより、憎しみの感情が湧いてしまうのが理由です。

つまり賢い妻は浮気をされて悲しい気持ちを持ちつつも、感情的にならずに話し合いをしていきます。

そのためこのときに賢い妻は離婚しないのであれば次に浮気をし、約束を破った場合のことについて話し合いをしていきます。

その際話し合いで慰謝料の取り決めなど具体的な内容を決め、誓約書を書かせます。

さらに話し合いをしたあとは苛立つことも多いですが、賢い妻は話しを蒸し返すことはしません。

なぜなら話し合いをしてから再びしつこく蒸し返してしまうと、旦那が嫌気を指してしまうことがあるからです。

つまりせっかく話し合いをして関係の修復をしたのにも関わらず、関係が悪くなり離婚の話しへと向かう可能性があるため、話しは蒸し返さないことが大切です。

そして賢い妻だとしても浮気をされれば相手の行動に疑心暗鬼になってしまいますが、そのときにはルールを決めています。

浮気が発覚し、信頼回復するためにもルールを決めることは重要です。

具体的には、旦那の携帯電話のメールなどを確認させてもらうなどです。

また決めるときの方法も肝心で、旦那の意見を聞いてからルールを作ります。

結婚した当初より、異性として感じないような接し方をしてしまっていた可能性もあるからです。

そのため妻が改善する点も、浮気の原因になっていることもあります。

つまり妻自身にも改善点があると思い努力するのも大切です。

賢い妻の浮気を許し浮気を繰り返させないときの対応

浮気をされてはしまったものの、賢い妻ならその浮気を許し浮気を再び繰り返すことはさせない対応があります。

それには、旦那の欲求を満たすという方法があります。

日頃から優しい言葉をかけることなどが重要で、いつもありがとうなどの感謝の言葉をかけることが重要です。

さらに子供に旦那の悪口を言ったりしないことや、話しを聞くのも大切で、話しを聞いて気持ちを分かってあげることもポイントです。

そして家庭内で居場所を作ると、繰り返すことはなくなります。

またのしかかるように押さえつけない大切で、重要な対応となります。

浮気をされたら束縛されたり過度な監視をしたくなりますが、ストレスを与えてしまいます。

そのストレスからまた浮気を繰り返す可能性も出てくるので、旦那に過度な重圧をかけないのが賢い妻の対応です。

そして男性というのはプライドが高いものなので、そのプライドをくすぐる努力をするのも対応です。

男性のほとんどは女性に頼られたい願望が強いため、今までよりも旦那に頼ってみるのも浮気を繰り返させないための対応です。

旦那に浮気をされた賢い妻の対応などのまとめ

ひょっとしたら浮気をしているのではと思ったら、賢い妻は問い詰めることはしないで、信用することが重要です。

また浮気が分かった場合は話し合いをして、もう話しは蒸し返すことはしないことが大切です。

そして許した上で繰り返させないためには、旦那の話しを聞き以前より相手を頼るのも手段です。